むち打ち症 効果 ストレッチ

病院・整体・カイロより効果あるむち打ち症のストレッチ

頚椎捻挫(むち打ち症)と診断されました。それでも改善できるのでしょうか?
頚椎捻挫(むち打ち症)もあくまでも症状です。1日15分、正しい方法でストレッチすれば頚椎捻挫(むち打ち症)の痛みも改善できます。ご安心ください。

>>> 1日15分の正しいストレッチとは?

むち打ち症の正しい改善方法を知らないばかりに・・・

頚椎ヘルニア画像

「正しい方法を実践すればむち打ち症はそんなに苦労しなくても改善することが出来る」

 

という事実を知って欲しいと思います。

 

対症療法を何年続けても、その症状は一生良くなりませんよ!

 

 

手術するにしても、首には大切な神経や血管が狭い部分に密集していますので、万が一ということがあれば、一生後遺症で苦しむことになります。

 

手術をすれば全ての問題が解決されるということではないと知っておいてください。


むち打ち症のストレッチで注意すること

  1. 動作はゆっくりと行うこと。勢いをつけて行わないこと。
  2. 痛いと感じるまで伸ばさないこと。
  3. ストレッチを行っている間も自然に呼吸をすること。
  4. むち打ち症の急性期は安静にしていること。

 

首の左右へのストレッチ

  • 右手を開いて右側頭に添えます
  • 添えた手で頭を左側に倒して右の首筋を伸ばします
  • そのまま5秒停止します
  • 左側も同様に行ってください
  • 左右1セットを全部で5セット行ってください

 

首の後ろへのストレッチ

  • 片手であごを押さえ、頭を後ろに押します
  • 首の前が十分に伸びるのを実感してください
  • そのまま5秒停止します
  • それを5回行ってください
  • 呼吸を止めないで行ってください

 

首の前へのストレッチ

  • 両手を組んで頭の後ろに添えます
  • 添えたまま頭を前に倒します
  • 首の後ろが伸びるのを感じて5秒停止します
  • それを5回行ってください

 

肩甲骨へのストレッチ

  • 両手を体の後ろで組みます
  • 姿勢を正し両手を上に上げます
  • 体が前方に倒れないようにしてください
  • 左右の肩甲骨が近づくのを感じてください
  • そのまま5秒停止します
  • それを5回行ってください

むち打ち症の原因

むち打ち症は交通事故で起こりやすいということはご存知だと思いますが、実は、案外、スポーツが原因でむち打ち症になる人も多いのをご存知でしょうか?

 

交通事故の場合、追突した、もしくは、追突された衝撃で身体が前後に大きく揺らされ、その時に首が強く大きく前後に振られることが原因で起こります。これによって、首の筋肉や靭帯、関節が捻挫を起こした状態になってしまうのです。

 

しかし、スポーツが原因の場合は少し違います。スポーツによるむち打ち症の多くは、転倒や受身の失敗などが原因でむち打ち症を引き起こすことが圧倒的に多いのです。

 

例えば、ラグビーやサッカーなどで、相手に激突したはずみで転倒し、その際に首を捻ってしまったりすることで捻挫になります。

 

また、柔道やレスリングのような格闘技で、受身の失敗で首を捻ってしまったり、打ち付けてしまったりすることでもむち打ち症になってしまうのです。

 

むち打ち症は首が振られるだけが原因で起こるのではなく、いろいろな要因で起こる可能性があります。

 

例えば、頭部や顔面を強打したような場合。何かの反動などで、首が大きく振られたような場合。外部からの圧力によって、首を強く捻ったり、打ち付けたりした場合などです。

 

交通事故や激しいスポーツの場合だと、こういった状況に陥りがちですから、交通事故やスポーツによるむち打ち症の患者が多いと言えます。でも、交通事故やスポーツに限らず、強く首を捻ったり首を振ったりすれば、むち打ち症を起こす可能性は十分あるのです。

事故でむち打ち症になったときの慰謝料は?

交通事故によるむち打ち症は良くあることですが、その慰謝料ってどれくらい貰えるのでしょう?交通事故によるむち打ち症と言えば、あまり印象が良くない人も多いかもしれません。

 

その筋の人達が、いつまでも「治らない。痛い。」と因縁をつけて、多額の慰謝料や通院費を取る・・・なんてドラマや漫画のネタでありがちですよね。しかし、実際に自分がむち打ち症になったら、やっぱりそれなりの慰謝料を望むのではないでしょうか?

 

基本的には、むち打ち症は後に症状が酷くなったりする場合もあるため、特別に国から算出方法が提示されています。ですから、その算出方法によって計算されることになります。

 

一般的には、自賠責保険や自賠責保険だけでは不足の場合には、本人の実費、もしくは、任意保険で支払われることになるのです。それ以上の慰謝料を求める場合には、当事者同士で話し合って決める必要があります。

 

そして、当事者間で話がつかなければ、裁判を起こすことになるでしょう。一般的に、交通事故による被害者が受け取れるのは、診療費・交通費・損害費・慰謝料です。交通費とは通院にかかる費用などで、損害費とは事故によって仕事を休んで減らされた賃金補填などが該当します。

 

それに、もちろん、慰謝料だって請求できます。保険会社が介入している場合には、保険会社を通して話をすることになります。保険会社は最終的に「示談」を取り付けなければなりませんから、あなたが示談書にサインするまでは話し合いに応じてもらえます。

病院・整体・カイロより効果あるむち打ち症のストレッチ

頚椎捻挫(むち打ち症)と診断されました。それでも改善できるのでしょうか?
頚椎捻挫(むち打ち症)もあくまでも症状です。1日15分、正しい方法でストレッチすれば頚椎捻挫(むち打ち症)の痛みも改善できます。ご安心ください。

>>> 1日15分の正しいストレッチとは?